本物の美容を伝えるブログ

ガスがないテナントビルでは美容室は開業できませんか?

美容室のトイレの内装にも手を抜かないサロン様の工夫

美容室開業のための当ブログを訪問いただきありがとうございます。
好きなお客様と笑顔あふれる美容サロン開業支援プロデューサーの、和田美香です。

最近、ガス管の引き込みそのものがないテナントビルが増えてますね。
美容室開業者様からの、「気に入ったところをみつけたのですが、ガス設備がないんです。」と意気消沈気味にご相談いただきます。

不動産屋さんのアドバイスなどにより、「美容室開業には、ガス・電気・水道設備が必須」と、考えられている方が多いためです。

でも、安心ください。

ガス設備がなくても、美容室店舗は開業できます。

理由は、ガス給湯器をつかわず、電気給湯器を設置すれば問題ないからです。

なので、テナントオーナーが、「美容室不可」でなければ、ガス設備がもしなくても、美容室として開業できます。

むしろ、ガス設備がないことによって、メリットのほうが大きい場合もあります。

というのも、ガス設備がないテナント物件は、不動産賃料だけでなく、保証金なども付帯して安くなる傾向があるためです。
賃料が安くなることのほうが、長い目でみて、店舗運営に利があるのはいうまでもありませんね。

ガス給湯器より、電気給湯器をつかうほうが、電気代がバカ高くなるのではと心配される方もおられます。
でも大丈夫。
基本的に、深夜電力を使う設定にすれば、ガス給湯器をつかう場合と、変わらないか、もし上がったとしても1割程度の違いになります。

ガス設備がないために、家賃相場が地域のなかでみてもし安ければ、そのテナントで美容室開業の検討をすすめていただくことできます。

ガス設備がなくても、電気給湯器を使えばいいので、電気+水道設備だけのテナント物件も、美容室開業できますよ、のお話しでした。

周りの方にもお話ししてあげてくださいね。

毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」

美容室のトイレの内装にも手を抜かないサロン様の工夫

美容室のトイレの内装にも手を抜かないサロン様の工夫


関連記事

会社案内

みかんぐみ株式会社
神奈川県藤沢市遠藤 89-A
EL:0466-87-1323
FAX:050-3488-5271
※お電話によるお問合せは受付しておりません。
お問い合わせ」頁からアクセスお願いします。

無料メールマガジン『ブランド美容室への道』ご登録ください

これから開業希望する方、すでにサロン経営されている方のための情報マガジン『ブランド美容室への道』をご購読ください。こちらのフォームからメールアドレスをご登録ください。

ページ上部へ戻る