本物の美容を伝えるブログ

美容室のお客様が話したいことを、自分も話せるようになる体験の重要性を改めて感じました

5年後のなりたい未来をつくる事業化コンサルタントの和田美香です。
ご訪問、ありがとうございます。

南青山の美容室にお勤めで、長年、店内トップの売り上げつくっておられる美容師さんのお話をうかがう機会がありました。

ご来店のお客様は、富裕層。
スタイリストであられるご自身だけでなく、チームで接客中の会話の内容にも、かなり気をつかっておられるとのこと。
たとえば、たとえアシスタントでも、100円ショップの話題でもりあげようとするなどの行為があったらすぐ担当変更してしまうほどだとか。

アシスタントの給与は潤沢にはありませんので、100円ショップをうまく利用し生活の工夫をするのはわかります。
ここでは、 100円ショップへゆくことが悪いのではなく、100円ショップの話しをして、それで、顧客に非日常の体験をしてもらえるかどうかの判断ができるかどうかが問題といいます。
その判断ができないようでは、美の対価として平均顧客単価30,000円をいただいてゆくことはできないといいます。

「このひとはわたしのことをよくしってくれている」と顧客におもってもらえる会話をするためには、顧客との個人的な話しができることが必要です。

自分と同じ経験をしている顧客ばかりであれば、自分の経験から相槌も打てるし、返事もできますが、上得意客になればなるほど、顧客が話したいこと、ほんとうは悩んでいることは、ちがってくるといいます。
しかも、 会話が盛り上がるには、自分が経験したことでないと、盛り上がれないという条件もついてきます。

となると、いい顧客につきたいとおもったら、自分も経験するほかありません。

経験からしか得られないもの。
だけれど、そこへゆきたければ、無理して節約してでも「そこ」の体験をしてみることの重要性をすごく感じました。

個の場合、自分ご褒美ではなく、お金の使い方は、投資にもなりますね。

毎日の幸せを実感しつづける人生を本物の美容と健康づくりで応援する
みかんぐみ株式会社 
和田美香
運営サイト
http://salonopen.com/「はじめての美容室独立開業工事110番」


関連記事

会社案内

みかんぐみ株式会社
神奈川県藤沢市遠藤 89-A
EL:0466-87-1323
FAX:050-3488-5271
※お電話によるお問合せは受付しておりません。
お問い合わせ」頁からアクセスお願いします。

無料メールマガジン『ブランド美容室への道』ご登録ください

これから開業希望する方、すでにサロン経営されている方のための情報マガジン『ブランド美容室への道』をご購読ください。こちらのフォームからメールアドレスをご登録ください。

ページ上部へ戻る